image_40

空を飛ぶ様々な航空機。その中でもゆっくりと低速で飛行する複葉機という種類があるのですが、先日曲芸飛行の訓練中に発生したというエンジンが停止する事故が撮影されました。

スポンサーリンク
この動画は今月チャド・バーバーというパイロットにより撮影されたもので、当時フロリダ州コーラルスプリングスで曲芸飛行の訓練中に発生したというものです。映像では垂直上昇中に突然エンジンが停止。その後急降下し姿勢を保ちながらエンジンを再始動しようと操作を行う様子が確認できます。その後、機体は緊急着陸を行う寸前で再始動することができました。



エンジン停止時は高度数百メートルはあったと考えられるのですが、再始動までは30秒間程度しかなくこの間急速に高度が落ちていることが確認できます。これが意図的なのかは分からないのですが、何れにしてもエンジンを再始動できなければそのまま着陸という事態に陥っていました。


過去にはエンジンからプロペラが脱落してしまうという笑えない事故に遭遇してしまったパイロットがおり、彼の場合は空港に近かったこともあり無事に着陸しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!