image_68

私達生き物には寿命が、その寿命に関して海洋生物については深海で動き回る生物よりも、動かない生物の方が長生きであることが分かりました。

スポンサーリンク
500年生きるベニサンゴをはじめ、一部の海洋生物は驚くほど長生きする。それに比べたら、人間の寿命などあっという間だ。なぜそんなに長生きなのか。このほど学術誌「英国王立協会紀要B」に掲載された論文が、長寿の秘密に迫った。

NATIONAL GEOGRAPHIC
海には大型の哺乳類から空中に飛び出すことができるイカや魚など多種多様な生き物が暮らしています。そんな海洋生物の中でひときわ長寿の生物が存在していることが分かっているのですが、寿命と生息する環境を研究した結果、興味深いことがわかったと報じられています。

記事によると、バルセロナ大学の博士候補生イグナシ・モンテロ・セラ氏らが行った研究として発表された200以上の海洋生物における研究から生物の寿命を推定した結果、サンゴや海綿など岩や海底にくっつくなどして動かない付着生物で、深い海に生息するほど長寿である傾向があることがわかりました。

研究者によると、海洋生物の中で最も長寿と推定されているのはMonorhaphis chuniという海綿で寿命は約1万1000年。この生物は深海1000mのところで生き続けています。

その上でなぜ、じっと動かず深い海に生き続ける生物の方が長寿なのかについては、研究者によると浅い海は水温などの環境の変化があり不慮の死に晒されるケースが多いこと、また浅い生みにはサメやイルカなどの大型の捕食動物が多くその手の脅威にも晒されることが多いといいます。
結果的に浅い海の生物は人間も含め天敵が多く短命の傾向があり、海綿のように長く生きられるような進化を獲得するメリットがほとんど無いのではないかと主張しています。

同じ生き物である私達は深海でほとんど動くこと無く動物を見ては「何を考えているんだろう」「何が楽しいのかな」と思ってしまうのですが、彼らにしてみれば動き回った挙げ句に事故死するような生き方ではなく、質素に生き続け次の世代に命を繋ぐことが重要と考えているのかもしれません。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!