MQ-25_1

空母から飛び立ち見方の有人機に給油する無人給油機。アメリカ軍では導入を目指しいくつかのメーカーが開発を行っているのですが、その一つボーイングが開発するMQ-25の写真が複数公開されています。

スポンサーリンク
MQ-25_2

こちらがボーイングにより公開されたMQ-25 スティングレイと呼ばれる機体です。現地時間5日、メディア記者向けに公開されたものとしており、新たに動力は9,000ポンドの最大推力を持つロールスロイス製のAE3007Nターボファンが採用されたとのことです。このエンジンはRQ-4 グローバルホークやMQ-4Cトライトンでも採用されています。(ただしAE3007H型)

それ以外の具体的な性能に付いては明らかにはなっておらず、給油機以外にも運用できるように海上監視レーダーやその手の電子機器を搭載できるスペースを設けなといけないともしれいます。

MQ-25はボーイング以外にもロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、ゼネラル・アトミックスの4社がそれぞれ別の機体を開発しています。(参考)

MQ-25_3

MQ-25_4

MQ-25_5

MQ-25_6

MQ-25_7

MQ-25_8

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!