image_87

通常の鳴き声とは異なり複雑なメロディーを組み合わせ歌うことが知られているクジラ。米大学が4年かけ収録したクジラの歌を解析した結果184曲を歌っていたことが明らかになったと報じられています。

スポンサーリンク
クジラが歌を歌うことはよく知られているが、一体何曲の歌を歌えるか知っているだろうか。ワシントン大学応用物理実験室の海洋学者が率いる研究チームは、グリーンランド東沖のホッキョククジラの群れを長期間にわたり追跡している。

Record China
今回調査、追跡の対象となったのは一生を北極海で暮らすというホッキョククジラです。ワシントン大学の研究チームは2010年から2014年にかけ群れを追跡し収録したクジラの歌を解析した結果、4年間で184曲を歌っていたことが分かりました。

クジラの歌は主にオスだけが発しているもので同じフレーズを何度も繰り返すなど通常の鳴き声とは明らかに異なって聞こえます。何故クジラが人間でいうところの歌を歌うのか、メスではなくオスの方が本格的な発声を行うのかは現代も明らかになっていません。

研究チームによると、調査の対象となったホッキョククジラの群れは毎年晩秋から初春にかけて定期的に歌を歌いそのメロディーにはさまざまな変化が生じていることもわかったとしています。

昔の歌は歌わない、ヒット曲もあるクジラの歌

クイーンズランド大学と南太平洋クジラ研究協会が共同で行った研究は南太平洋に隣接して生息するザトウクジラ、6つの群れをそれぞれ10年以上追跡し歌を収録したところ、ザトウクジラの作り出す新しい歌は「昔の曲」と「現在流行している曲」の要素に何か新しい要素を加えアレンジした曲になっているとしています。そのため、昔の曲とはまったく違う『誰も聞いたことが無いような新しい曲』が生まれることもあるそうです。

私達人間の歌にヒット曲があるように実はクジラの中でもヒット曲があるということが知られています。ザトウクジラの間で新しい曲が登場するとザトウクジラのオス達はすぐに覚え、繁殖期になると頻繁に歌われる『ヒット曲』が誕生するといいます。このヒット曲の中には昔のヒット曲が無いということも分かっているとのことです。
このような流行中の歌は南太平洋では西の海から東の海に伝わっていることも研究から明らかになっています。(参考)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!