F-22_1

米軍機の事故が相次いでいるという統計が報告されましたが、最近アメリカ空軍が配備しているステルス戦闘機F-22が離陸に失敗し滑走路に胴体着陸してしまう出来事があったと報じられています。

スポンサーリンク
海外メディアによると、エルメンドルフ空軍基地(アラスカ州)所属第3航空団のF-22 ラプターがネバダ州の基地から離陸した際にエンジントラブルが発生、そのまま胴体着陸という形になり滑走路を滑っていく出来事があったとしてます。

要走魔鬼的步伐?美军F-22在光滑的跑道上摩擦_高清图集_新浪网

この事故については現在非公式の情報として公開されているもので一部メディアによると事故機は離陸に向け加速し機体が浮き上がり降着装置を格納した時点で左エンジンが停止。しかし、片方のエンジンで飛び立つことはなかったらしく、そのまま滑走路に胴体着陸する形になったとのことです。

F-22_3

F-22_2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!