image_107

中国、浙江省にある舟山群島。かつて漁民により栄えた村があったものの現在は誰も人が住まない廃村となっています。今回は緑に包まれつつある廃村『後頭湾』を空撮した映像を紹介していきます。

スポンサーリンク
中国で有名な廃村の一つとして知られているのはこの舟山群島の北東部にあった『後頭湾』という村です。かつては人が住む中国最東部の島の一つとなっていたのですが現在は誰も島に住んでおらず、廃屋だけが姿を残しています。


こちらが2017年に撮影された後頭湾の映像です。

この村はかつて2000以上の世帯があり漁村として賑わっていたとされています。しかし、1990年代になると従来とは異なる大規模漁業が行われ始めたことで、これまで漁で生活をしていた島の住人らの生計に影響が出始めたといいます。
その後、一人また一人と島から出ていきわずか10年あまりで村は放棄されました。そして2002年には人が住む村として登録はされなくなったといいます。

現在は『廃村』として有名になったこともあり観光客が訪れるようになっているとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!