image_114

隙間があればどこにでも入ってしまうネコ。様々な場所から救助されるネコの映像が公開されているのですが、今回は車です。先日ロシアで車のサスペンション付近にしがみつき130kmも一緒に移動してしまったと考えられるネコが救助されたと報じられています。

スポンサーリンク
詳細は不明なのですが、最近4人のロシア人が海岸まで観光した帰りに車からネコの鳴き声が聞こえたといいます。その後車を停め周囲を確認したところ後部車輪付近から鳴き声が聞こえ、車をジャッキアップしタイヤを外したところ僅かなスペースにネコがいたという出来事だったとのことです。


記事によるとネコは沿岸部で入り込んだと考えられており、車は高速道路も走っていたものの奇跡的に救助されました。このネコはドライバーが飼うことになったとのことです。

▼救助されたネコ
image_113

ロシアではこの手のニュースが過去にもいくつか報じられています。こちらは130km先で見つかったというネコ。

こちらは車の中に入り込んだネコが70km先で救助されたという内容です。

そしてこちらはサスペンションの中に入り込んでしまい70km先で見つかり救助されたものです。

よくネコが行方不明になったという張り紙などを目にすることがあるのですが、このように車の中や下にいる可能性もあり、遠くに運ばれてしまうこともゼロではないということが分かります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!