image_3

北朝鮮の金正恩委員長が韓国側に渡るという歴史的な出来事がありました。一方で今後行われるとされる北朝鮮とアメリカの首脳会談に関して、仮に交渉が決裂した場合についてアメリカ側は軍事行動にでるという判断を伝えいてたと報じられています。

FNNなど一部国内メディアが伝えたところによると、先日行われた安倍総理とトランプ大統領の首脳会談の場にてアメリカ側の出席者(具体的な人物は不明)の一人が、北朝鮮との交渉に関して「決裂すれば軍事行動に踏み切るしか無い」と日本側に伝えていたことが分かったとしています。

米「米朝会談決裂すれば“北”攻撃」と日本に説明 - FNNプライムオンライン

北朝鮮との首脳会談実施にあたってアメリカ側は北朝鮮が非核化に向けた具体的かつ検証可能な行動をとるのを視認するまでは会談しないという条件を付けています。その上で、アメリカはCIA長官を訪朝させているなど、現在のところ米朝首脳会談が行われる見込みとされているためこの『視認』というのは行われているものと考えられます。

その上で、南北首脳会談では「北朝鮮の非核化」ではなく「朝鮮半島の非核化を実現する」という目標が建てられたものの、具体的な方法や時期などの道筋は一切示されませんでした。これは核の問題は韓国との交渉というよりもアメリカとの交渉でその結果がでてくるものと考えられ、あえてそのような内容にしかならなかったとも考えられます。
一方で、この宣言を言い換えれば北朝鮮の非核化は韓国側も努力が必要だということであり在韓米軍の撤退、そして北朝鮮は「在韓米軍に配備されている可能性もある」と考えているため韓国側やアメリカ側も行動を迫られる可能性があります。

今後実施予定の米朝首脳会談は北朝鮮の非核化が最大の焦点となります。しかし、南北首脳会談が終わった時点でも「核問題の解決」などという過去にも聞いたことがあるようなレベルの宣言に留まっており、アメリカが求める結果とは違った形で交渉がまとまる可能性も考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!