image_43

海外メディアによると、オーストラリアで生息していた世界最高齢のクモ『トタテグモ』が先日ハチに殺されて死んでしまうという出来事があったといいます。

スポンサーリンク
(CNN) 世界最高齢のクモとして知られる43歳のクモが西オーストラリア州でハチに刺されて死んだことが1日までにわかった。死んだのは「ナンバー16」と名付けられていたトタテグモ。トタテグモは地下で生活し、地面に穴を掘り、虫を閉じ込めるための蓋を作り出す。

CNN.co.jp
CNNなど海外メディアによると死亡したのは『ナンバー16』という名前で1974年から管理されていたトタテグモ(メス)です。このクモがいたのはオーストラリアのNorth Bungulla Reserveにある研究室で、『ナンバー16』と呼ばれていたのは16番目の巣にいたためだとといいます。

トタテグモは体長4cmほどまで成長するクモで記事にもかかれているように空中にクモの巣を作るのではなく、地面に暮らしており巣の入り口を巧みに偽装することでやってきた虫に飛びつき捕獲します。

▼生きていた頃のクモ
image_44

このクモは実に43歳という長生きだったものの死んだ原因についてはある日、研究者が巣が荒れている様子を確認したといいます。その後、ハチの中に生きた虫に卵を産み付ける種がおり、寄生バチの卵が産み付けられた虫を巣の中に持ち込んでしまったことで結果的に死亡してしまったなどと伝えられています。

自然界のトタテグモの寿命は明らかになっていないものの5年~20年と推定されています。これは43歳という年齢についてはメキシコで発見されたという28歳のタランチュラよりも遥かに長寿だったといいます。

トタテグモはクモの中でも長生きする種らしく、その理由としては巣の外を出歩くなど不要な活動を抑え、またも代謝も抑えられることに理由があるとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!