ウラン-9_2

空軍では無人機など目覚ましい進化を遂げている一方で、陸上兵器に関してはそこまで無人化された兵器というのは開発されていません。今回はその中でも珍しいロシアの無人戦闘車両«Уран-9»(ウラン-9)を紹介します。

スポンサーリンク
先日、モスクワの赤の広場で実施されたのは対独戦勝記念日の軍事パレードです。参加人数だけで1万人を超えたとされているのですが、その中で披露されたのはいくつかの無人兵器です。その一つが無人戦闘車両ウラン-9になります。


こちらがウラン-9を紹介する映像になります。


操縦はどのように行われているのかについては、こちらの映像で登場するトラックのような車両から遠隔操作が行われています。車両内部の映像では少なくとも3つのハンドル確認でき、一度に少なくとも3つ以上の車両を遠隔操作できる仕様になっていると考えられます。

ウラン-9_1

兵装に関しては主砲は2A42というロシア軍では標準的な30mm機関砲が搭載されています。さらに同軸に7.62mm機銃を搭載。砲塔の側面にはAT-9 スパイラル-2という対戦車誘導ミサイルと無誘導のロケットランチャーが搭載されています。

このようなスペックから対戦車、対装甲車、テロリストが使用する車、そして対人まで戦闘を行える車両となっており、小型で機動性の高い車両にすることで特に危険を伴う市街戦での運用が想定されていると考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!