image_51

北朝鮮に対する比較化に関して水面下で相当な話し合いが進められていると言われているものの、韓国メディアによるとアメリカは北朝鮮に対して核開発に関与した数千人の技術者に対し海外移住させるよう求めていると報じています。

スポンサーリンク
韓国メディア『ニューシス』によると、北朝鮮関係筋の情報として日本の朝日新聞が報じている内容として、米朝首脳会談に向け行われた事前交渉で、アメリカは北朝鮮に対し核兵器関連の資料の廃棄及び核技術者数千人を北朝鮮以外の国に移住させるよう求めていると報じています。

"미국, 북한 '핵기술자 수천 명 해외 이주' 요구"...아사히 :: 공감언론 뉴시스통신사 ::

この交渉に関してはアメリカは北朝鮮が実施した6回の核実験データ及び、寧辺の核関連施設に関するデータを廃棄することも合わせて求めたとしており、消息筋によると北朝鮮側は核開発データの廃棄は曖昧な態度をとり技術者の移住に関しては難色を示したとしています。

また加えて、アメリカは生物化学兵器のなどの大量破壊兵器(WMD)の破棄、弾道ミサイルは当然として人工衛星の打ち上げ用などとしているロケットに関しても容認しないとしてアメリカは圧力をかけていると伝えています。

▼火星-14に搭載可能な核兵器とされるもの
image_52

アメリカは北朝鮮の非核化に対して『完全かつ検証可能で不可逆的な核放棄』をリビア方式で行うこれまでも主張しており、リビアでは核開発に関連する資料の廃棄や弾道ミサイルの廃棄も合わせて行われました。
またアメリカは北朝鮮に対しては早ければ数ヶ月以内に、遅くても2年以内に行いたいとしている一方、北朝鮮は段階的に長い時間をかけて廃棄したいという態度を見せており、経済制裁の解除もアメリカはすべてが完了してから解除するとしている一方で北朝鮮は段階的に緩和する方法を望んでいます。

いずれにしても北朝鮮を完全に非核化するためには国内にその技術者がいては全く意味がなく、海外へ移住を求めるというのは当然と考えられます。ただ、どこの国に移住させるのか、費用の面からも難しい点が多く歴史上初の国の非核化が平和的に行われるのか日本の目と鼻の先で行われようとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!