V-280

アメリカ陸軍での運用を目指し開発が進められているティルトローター機 V-280 バロー。この機体に関して、先日行われた試験飛行でローターを前方方向に向けた水平飛行が実施しました。今回の試験では車輪を出した状態で352km/hの飛行速度に達したと報じられています。

スポンサーリンク
海外の軍事系サイトによると現地時間今月15日、ベル・ヘリコプターとロッキード・マーティンが共同で開発を進めているV-280 バローが初めて巡航モードフライトで試験を来ない飛行速度が190ノット(約352km/h)に達したと報じています。

The Aviationist » Bell V-280 Valor Conducts First Cruise Mode Test Flight as Program Advances


同機はアメリカ陸軍で兵士の輸送に使用しているヘリコプター『ブラックホーク』や攻撃ヘリコプター『アパッチ』を置き換えるため開発されている機体の一つです。

同機のスペックとしては2名のパイロットと2名の兵器などを扱うロードマスターの乗員4人。さらに戦術的人員輸送構成で最大14人の武装した兵士を搭載し敵地に向かうことができます。飛行性能としては最高飛行速度は280ノット(約518km)で、これは現在運用されているブラックホークの355km/hよりも高速でさらに長距離を移動することができる特徴があります。

記事によると現在V-280 バローは陸上と飛行のそれそれ試験が進められており、今後90日以内に最高速度での試験飛行が行われるとしています。

米軍としては将来的にV-280 バローかシコルスキー航空機とボーイングが開発する『SB >1 デファイアント(S-97 レイダーの派生型)』のどちらかを採用する予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!