image_77

「曲がりやすい(変形しやすい)」という指摘されていたiPhone 6および6Plusに関して、Appleで販売前の社内テストでこの問題が分かっていたことが明らかになりました。また、Appleは販売後に問題箇所を修正した製品をコッソリと投入していたことも明らかになったと報じられています。

過去に登場したモデルと比べて、画面サイズが一段と大きくなったiPhone 6/6 Plusは発売直後から「ポケットに入れていたら曲がってしまった」という報告が相次ぎました。そして、この問題がタッチ操作を不能にする「Touch Desease」を発生させることにつながったこともあって、Appleはユーザーから集団訴訟される事態に発展。

GIGAZINE
この集団訴訟に対してアメリカではAppleから提出された内部文書についてアメリカ地方裁判所で裁判官の見解によると、AppleがiPhone 6/6 Plusを発売する前から曲がりやすいことを認識していたとする内容を公表しました。

内部文書によるとその例として社内テストの結果としてiPhone 6はiPhone 5sよりも3.3倍、iPhone 6 Plusは実に7.2倍も曲がりやすいという結果が示されていたといいます。しかし、販売延期などの影響で自社ブランドへの影響も考えたのか、端末は曲がりやすいという欠陥を含んだまま販売され、曲がるなどの苦情が相次ぎ結果的に集団訴訟に発展しました。
この問題について当初Appleは一貫して「技術的な問題はない」としてあくまで利用者の使い方が悪いためそのようなことが発生したという主張を繰り返していました。

しかし、裁判で明らかになったこととしてAppleは次の端末が発売された後、実に販売開始から1年半が経過したところで内部を補強した製品の出荷をしていたとのことです。

今回の公表に関してApple側の弁護士は反論しており「内部資料の記述は担当エンジニアによる正式な評価ではない」としており、端末に問題は無いと主張を繰り返しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!