image_6

29日深夜、ワールドカップ ロシア大会で決勝リーグ進出を決めた日本代表チーム。一方、韓国では既にグループリーグ敗退が決まっている韓国チームとは一切無関係な試合に関して、日本代表チームやポーランド代表チームに対して「全員を死刑してほしい」という請願が韓国大統領府に寄せられていることが明らかになりました。

スポンサーリンク
韓国大統領府のホームページに開設されているのは、『国民請願および提案』という国民から広く意見を聞きそれに答えるというものです。SNSに登録した上で、国に対して「あれこれをしてほしい」という請願や嘆願ができるというものになります。

しかし、その内容がまるで匿名のネット掲示板に書き込む程度の内容が投稿され続けており、国際的にも非常に問題がある表現を用いて大統領府に請願しているという現状が続いています。

その一つとして、日本時間では29日に開催されたワールドカップ、日本とポーランド戦に関してです。韓国大統領府に国民から「スポーツ精神を損なった日本とポーランド選手団を死刑にしてください」という請願が寄せられていました。請願を行った人物の主張として「ワールドカップという世界の祭典でこのよう惨事が二度とおこらないよう死刑にしてください」という理由が書かれていました。

▼コロンビアに対して核兵器の使用を請願する内容
image_2
また同じグループリーグH組でセネガルとの試合に勝利し、結果的に日本が決勝リーグに進出することができた試合結果となったコロンビアチームに対しては「コロンビアに核(兵器)を飛ばして滅亡させてください」という請願が寄せられています。(韓国は核兵器を開発しておらず保有もしていない)
その理由が酷いもので「(コロンビアは)日本がワールドカップ16強入した最大の立役者だ。日本チームを後押ししたゴミのようなフェアプレイ精神のコロンビアに核兵器を飛ばして全員を殺してください」というものでした。

韓国とは一切関係のないグループリーグで日本やグループリーグH組に対して怒り心頭なのかは理解することができませんが、単に自国が敗退したことの腹いせにやってるという理由にしてはあまりに過激な内容になっています。
ちなみに試合中には「日本をグループリーグで脱落させてください」などと韓国政府に何を求めているのか意味不明な請願もあります。

一方で、「16強に入った日本チームを熱烈に応援しましょう」という請願もあり、「同じアジアの国で唯一16強入りした日本チーム。同じアジア人として日本を応援しなければならないでしょう」というものも寄せられていました。

また、今回のポーランド戦に関しては試合後半、アディショナルタイムを含む5~10分間、日本チームが球を転がし続け会場からブーイングが起こるという試合内容になってしまいました。これに関しては選手らも述べているように首の皮一枚で決勝リーグに進むための時間稼ぎであったことは間違いありません。このプレイに対しては理由がどうであれ批判されてもおかしくはない指示になってしまったと思われます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!