F-15 梯子

アメリカ本土で開催された野球の試合で記念飛行した米空軍のF-15Cに関して、搭載されている乗り降り用の折りたたみハシゴが飛行中に飛び出してしまうという珍しい事故が発生したと報じられています。

スポンサーリンク
海外の軍事系メディアによると現地時間7月4日、カリフォルニア州で行われたロサンジェルス・ドジャースとピッツバーグ・パイレーツの試合前、4機の編隊飛行でスタジアム上空を通過するというイベントが実施されたものの、そのうちの1機が乗り降り用のハシゴを飛び出した状態で飛行していたと報じられています。

The Aviationist » California Air National Guard F-15 Eagle Boarding Ladder Deployed in Flight During Flyover at Dodger Stadium in Los Angeles

このハシゴはパイロットが乗り降りするため搭載されているもので、一般的に戦闘機への乗り降りは専用のハシゴが使用されているものの施設にハシゴは置かれていない場合に使用するものです。何故ハシゴが飛び出してしまったのか、メンテナンスの問題なのか故障なのかなど原因は分かっていないとのことです。

F-15 梯子_1
Photo:Facebook
一方、この手のハシゴの強度については低速飛行であれば強度的にそれほど問題はないとしているものの、折れたりした場合エンジンに吸い込まれる可能性もあり危険であるという内容が書かれています。

▼F-15Eのハシゴ
F-15E

ちなみに過去、F-4という旧型機が飛行中に同じようにハシゴが飛び出すという事故があったらしく、ベトナム戦闘中なのか訓練時なのか不明なのですが爆弾を投下中に撮影されたものがありました。何れにしてもこの手の事故は非常に珍しいものと考えられます。

▼ハシゴをが飛び出した状態で爆撃するF-4
F-4

このようなハシゴはほぼすべての機体に搭載されているそうです。
▼F/A-18E/Fのハシゴ
F-A 18
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!