V-280 stealth type_4

アメリカで運用されているヘリ、ブラックホークなどの後継機として導入を目指しているのはベル・ヘリコプター及びロッキード・マーティンが開発している『V-280 バロー』です。このV-280に関して最近ミサイルを搭載した派生型やステルス性を高めた機体デザインが撮影されたそうです。

2020年代後半の実戦配備を目指しアメリカで開発が進められているのは米陸軍が運用する次世代ヘリです。現在候補としてベル・ヘリコプター、及びロッキード・マーティンが開発している『V-280 バロー』、シコルスキー航空機とボーイングが開発する『SB >1 デファイアント』の2機種があるのですが、今回はV-280についてです。

Bell Pushes V-280 Gunship, Shipboard Variants: Recon In Works « Breaking Defense - Defense industry news, analysis and commentary

V-280
Photo:Breaking Defense
アメリカの軍事系サイトによると、これはベル・ヘリコプター社のショールームに展示してあるV-280の模型らしく、V-280は単純な兵員輸送機ヘリとしてだけではなく攻撃用のミサイルを別途搭載可能としています。記事では必要に応じて取り外し可能としており、ミッションに応じてこのような武装を施せるというものになっているとのこと。

ティルトローター機の欠点としてローターが前方に向いているため従来ようなヘリの左右にスタブウィングの下にパイロンを付けミサイルを携行し運用するという方法が難しく、できるだけ機体側面に近づけた位置でミサイル類の運用を行うという案になっているそうです。

V-280 stealth type_1
Photo:Breaking Defense
そしてもう一機種。こちらは完全な派生型となっており、ステルス性を高めたステルスティルトローター機です。パイロットらが乗り込む機体本体、エンジンが搭載された部分の形状まで異なっています。
ただ、従来型よりもレーダー検出を抑えた設計になっているというだけであり、例えばF-22のような高いステルス機ではないとしています。

V-280 stealth type_2
Photo:Breaking Defense
ステルス戦闘機のようなウェポンベイにミサイルを搭載しています。

V-280 stealth type_3
Photo:Breaking Defense
こちらの機体は強襲揚陸艦など大型の艦艇だけではなくイージス艦など小型の艦艇でも運用出来るようなコンセプトになっているとしており、V-22オスプレイの様に翼を折りたたむことができる構造になっていると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!