リン・ミャオコー_1

2008年8月、中国で初めての北京オリンピックが開催されました。今月で早くも10年を迎えるのですが、その開会式で女の子が口パクをしていたことで出演した本人が批判を受ける事態となりました。これに関して監督が後悔の思いを語っていると報じられています。

スポンサーリンク
2018年8月12日、北京五輪の開幕式に登場した「口パク少女」への後悔を語ったチャン・イーモウ(張芸謀)監督だが、「そのせいで1人の少女が10年間も虐げられた」とネットユーザーからは批判の声が上がっている。新浪が伝えた。 

Record China

こちらの映像が北京オリンピック開会式で行われた演出です。たった数分間で1人の人生を大きく左右させることになってしまった出来事に繋がります。

出演した女の子は当時9歳のリン・ミャオコー(林妙可)さんで、革命歌曲「歌唱祖国」といういわゆる愛国ソングを1人で歌いました。これが中国では非常にウケがよく「微笑みの天使」などと大ブレークし海外でもとりあげられるなど注目されていました。

しかし開会式からわずか2日後、開会式の音楽総監督がラジオ番組でリンさんは口パクをしているだけで歌声は楊沛宜という別人の歌声だったと明かしたところ、手のひらを返すようの大バッシングとなりリン・ミャオコーブームは僅か3日もしないうちに過ぎ去るという事態になっていました。

このような演出にしようと最終決定したのは今回登場する中国の映画監督で開会式の総合プロディースを担当していた張芸謀氏です。彼によると「自分の決断を押し通さなかったことで、多くの人に余計な負担を掛けた」として、五輪から10年が経過した現在もリン・ミャオコーがバッシングを受けていることについて後悔していると記載されています。またこの演出については「スタッフから提案された歌声の“差し替え”を受け入れた」とも話しています。

▼リン・ミャオコー(17歳)
リン・ミャオコー

リン・ミャオコーさんは五輪以降も子役として活動を継続し18歳のときに国内の有名な映画大学を受験するも不合格となっていました。このことは中国でも話題になっていたらしく、ネットユーザーからは「天罰だ」などと反応が寄せられていたといいます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!