image_98

親のスマートフォンを使い子供がゲームなどで遊んでいる姿をよく見かけますが、一方中国では子供らが遊ぶこの手のゲームに関して今後新規ゲーム数を抑制するなど全体的に規制かけていく方針が明らかになりました。

スポンサーリンク
海外メディアによると、中華人民共和国教育部が8月末に発表した内容として今後スマホやテレビゲームなどのゲーム全般について新作ゲーム数を規制する他、年齢に応じたリマインダーシステムを採用し、子供達のゲームプレイ時間を制限する措置をとるとしています。
この対応については中国の7つの省庁も支持しているといい、ほぼ間違いなく何らかのゲーム規制が敷かれるものと考えられます。

ゲーム規制の原因はWHO(世界保健機関)が行った調査結果から世界でも中国の若者世代の近視が非常に多い(世界一近視が多い)としており、近視の予防のためその原因を作っているというゲームを規制するべきだという判断に至ったとしています。

中国というと勉強熱心な国というイメージが多いものの一方で韓国ほどメガネをかけている人は少ないという印象を受けます。これはあくあまで個人的な印象に過ぎないのですが、仮にゲームの利用時間を減らしたところで子供の近視は防ぐことができるのでしょうか。
いずれにしても子供の近視とゲームに因果関係があるのかなども不明なのですが、ゲーム市場を支えている中国で規制がかけられるとなるとゲーム市場に影響が出たり短時間で効率的なプレイができるようなゲームに内容に変化するなど様々な点で影響がでてくることが考えられます。

また一部メディアによると、個人が所有するスマホやタブレット端末を学校内に持ち込むことを禁止するというゲームとは無関係な分野にまで規制がかけられるとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!