image_18

F-22やF-35といった第5世代戦闘機よりも更に発展した『第6世代戦闘機』を発表したイギリス。このテンペストという機体に関してイギリスで行われた航空ショーでモックアップが一般展示されました。

スポンサーリンク
一般展示されたのは今年7月ファンボロー国際航空ショーでウィリアムソン国防相により発表されたばかりの次世代ステルス戦闘機『テンペスト』です(参考)。当時、正面や側面から撮影されたものばかりだったのですが今回は気になる機体後方の様子も撮影されました。

tempest_1
Photo:新浪网
こちらは先日開催されたダックスフォード航空ショーで展示されていたテンペストのモックアップです。

tempest_2
Photo:新浪网
エンジン周りはこのようになっています。モックアップではどの程度まで再現してくるのかは不明なのですが、写真を見た限りではエンジンノズルのような構造物は確認できず、F-22やB-2爆撃機、その他のステルス無人機のように外側に突き出していないという構造になっているようです。

tempest_3
Photo:新浪网
tempest_4
Photo:新浪网
tempest_5
Photo:新浪网
現時点で、この機体のスペックはほとんど明らかになっていません。最高飛行速度すらも明らかになっていない程なのですが、先進的な技術を搭載しているとしており人工知能と機械学習機能をしたドローン「スウォーム」を搭載可能な他、レーザー兵器も搭載。また有人・無人どちらでも運用可能という現代の機体とは一線を画した次世代戦闘機になっています。

同機はイギリスで運用している戦闘機タイフーンの後継機として開発を目指すもので、イギリスの大手軍需企業BAEシステムズのほかロールス・ロイス、イタリアのレオナルド、欧州のミサイル大手MBDAが参画するといわれており導入は2035年を目標にしています。

欧州ではドイツやフランスも次世代戦闘機の研究が進んでいるとされており、フランスは異なるものの欧州各国が導入しているタイフーンの後継機は各国それぞれが開発し採用を目指すとう状況になっているものと考えられます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!