F-35B_1

ステルス戦闘機F-35の短距離・垂直離着陸型のF-35Bに関して、アメリカ海軍(海兵隊)は同機を使用した初の空爆作戦に投入したと発表しました。

スポンサーリンク
海外の軍事系サイトによると、今回の作戦では強襲揚陸艦エセックスに配備されたF-35Bを使用したおしており、エセックスから発艦させアフガニスタンに潜伏する反政府武装勢力『タリバン』に対して空爆作成を実施したと発表しました。具体的な戦果は明らかになっていないのですが、陸軍によると空爆作戦は成功したと発表しているとのことです。

The Aviationist » U.S. F-35B Joint Strike Fighters Perform Their First-Ever Air Strike On Targets in Afghanistan

具体的な内容については、使用された機体は第211海兵攻撃飛行隊のF-35Bが運用されたとしており作戦実施はアメリカ時間なのか現地時間なのかは不明なのですが2018年9月27日としています。F-35Bを乗せた強襲揚陸艦エセックスはアデン湾からアラビア海を北上しペルシャ湾に入りF-35Bを発艦させ空爆作戦を実施したとしています。

F-35B
こちらの写真はエセックスの甲板で撮影されたもので、機体に爆弾を搭載する作業のものです。爆弾は1000ポンド(459kg)の精密誘導爆弾JDAMです。

こちらの映像では冒頭に爆弾を搭載する映像が収められ、後半はF-35Bの参考映像になっています。F-35Bはこのように陸上やカタパルトを搭載しない強襲揚陸艦から短距離、または垂直離着陸もできる機体です。これは空軍が運用するF-35Aや空母で運用する海軍のF-35Cでは行えません。


こちらの映像はスキージャンプと呼ばれるいわゆる軽空母などに搭載されている構造物から離陸する方法を地上でテストしている映像です。


このような特殊離陸、着陸を可能にさせているのはF-35Bだけに搭載された機体中央前方部のリフトファンを可動させエンジンノズルを約90度真下に向けることができるためです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!