image_53

近年、PCのディスプレイやテレビ、スマホにもブルーライトカット機能が搭載されている機種が増えつつありますが、このブルーライトに関して米国眼科学会は睡眠の質は低下させることはあっても視力を低下させるなど目にダメージを与えることはないと発表しています。

スポンサーリンク
スマートフォンのスクリーンから出るブルーライトが目に害を及ぼすかのような、広告やヘッドラインを見かけることがありますが、果たしてこれは真実でしょうか。ブルーライトと視力の低下に関連性はない実のところ、ブルーライトは睡眠の妨げにはなっても、目を傷めるという科学的根拠はありません。



ライブドアニュース
具体的にどのような発表内容だったのか直接確認していないのですが、ライブドアニュースによる今年アメリカのトレド大学が「ブルーライトを浴び続けることで網膜にある「レチナール」という物質が毒性反応によって変化し光受容細胞を攻撃するようになることが判明」したとし、最終的には黄斑変性症の進行を早める恐れもあるなどと研究結果を発表していたそうです。

これに関して米国眼科学会は、研究の内容についてそもそもトレド大学が行った研究は人間の眼から採取した細胞をしていないと反論をしており、人間の目にはこの手のダメージを防ぐ能力があるにもかかわらずそれがない細胞を使用し危険性を示唆する結果を示していたとのこと主張しているとのことです。

その上で、これまでの研究を含めて米国眼科学会はそもそもブルーライトが目の細胞を傷つけたり視力の低下に影響するような根拠のある研究は示されていないと判断しているようです。また同学会はブルーライトメガネなどの製品、ブルーライトカットフィルターなどについても効果は実証されていないと説明しているそうです。


ブルーライトについては当然スマホや蛍光灯よりも遥かに強い光を発する太陽の光の中にも存在しており、例えばオフィスで働く人よりも屋外で働くひとのほうがブルーライトに晒されることが多くなります。また先進国よりも途上国の人たちや、乾燥した山岳地帯に住む人はブルーライトにより多く晒されることになると考えられるのですが、彼らは私達都市部で暮らすよりも視力が悪く黄斑変性症を多く発症しているという研究は存在しているのでしょうか。

先日、ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学名誉教授 本庶佑氏は「ネイチャー誌、サイエンス誌(に発表された論文)の9割は嘘」という爆弾言葉を発していたのですが、この手の研究についてもフェイクや捏造が含まれている可能性があるということ、そして教授が言っていたように「簡単に信じないこと」という言葉を頭の隅に入れておきたいところです。

ちなみに、目にいいとしてブルーベリーを未だに販売されていますがこれは第二次世界大戦中にイギリス空軍が流したデマが元になっているとされ、ブルーベリーが目を良くする効果はほぼゼロです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!