image_95

みなさんは謎の頭痛に襲われることはないでしょうか。中国メディアによると先日、頭に原因不明の違和感と痛みを感じた男性が病院で検査を受けたところ脳に達する釘が刺さっていた出来事あったと報じられています。

中国のニュースサイト『Hanfeng』によると、湖北省崇陽県に暮らす43歳の男性は人民病院で頭の検査を受けたところなんと長さ4.8cmに達する釘が頭蓋骨を貫通し脳に突き刺さっていたことがわかったと報じています。

男子头疼到医院检察 发现头中有根48毫米长钉子 - 荆楚网-楚天都市报 - 汉丰网

記事によると、この男性が病院に訪れたのは10月5日の夜で、それ以前から右耳に違和感があったのと頭痛に悩まされていたといいます。しかし、次第に痛みが強くなりだし耐える事ができなくなり夜間に病院に訪れていたという流れです。

訪れた人民病院では医師による診察が行われたもの見た目の異常はなく血圧も正常。その上で医師からCT撮影を進られたことで行ってみたところCTにはくっきりと頭に刺さった釘が見つかったといいます。なぜ男性の頭に釘が刺さっていたのか。

image_93

記事によると男性はコンクリートを製造する会社に働いており、監視する仕事をしているためそもそもこのような大きな釘に接する機会は無いとはなしています。そのため、現時点で原因は不明としており、この釘の摘出については大病院で行う必要があるとしており、7日時点で武漢に出向き手術の準備が進められているとしています。

▼7日脳に達する釘が刺さった状態でインタビューに答える男性
image_94

ちなみに同様の出来事は過去にも発生しています。2012年1月アメリカ人のダンテ・アトーロさんは自作の納屋を立てている最中にネイルガンという大工が使う釘を発射する装置が頭に頭にあたってしまいました。しかし、当時釘が発射されていたことに全く気づかず翌日、婚約者に促される形で病院に行ったところレントゲン写真から釘が入っていたことが明らかになりました。脳内入り込んでいた釘は全長8.25cmだったとのことです。

4882

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!