image_29

中国メディアによると先日、『天哨』などとする無人航空機の初飛行に成功させたなどと報じました。この機体は「独自に開発したものだ」などと、いつものようにオリジナルを強調しているのですが、機体デザインに限ってはアメリカのMQ-9B リーパーと非常に似たものとなっています。

スポンサーリンク
軍需企業という中国电子科技集团公司第三十八研究所が今月27日、世界初の早期警戒機と主張する無人機を初飛行させました。

image_24
Photo:新浪网
こちらが天哨という無人航空機です。具体的なスペックは明らかになっていないのですが、パイロットが操縦することなく自律離着陸ができる他、偵察や通信の中継機能も備わっているとのこと。

image_25
Photo:新浪网
image_26
Photo:新浪网
image_27
Photo:新浪网

image_28
ちなみにこちらがパクられ元のMQ-9 プレデターBと呼ばれる機体です。こちらの機体はMQ-9 リーパーとはよりも10時間以上多い37時間連続した飛行ができる機体になっています。天哨とは尾翼の形状など異なっている部分が多く、胴体周りも細いことから搭載する燃料や機材はMQ-9 プレデターBよりも小さいと考えられます。何れにしても米軍の無人機デザインを意識したもので間違いありません。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!