中国の再使用ロケット_6

中国が今後開発するロケットの一つとして、ロケットの第1段目を回収するというものがあります。これはスペースXが既に実施しているものなのですが、先月試験機による回収試験が行われ成功したと発表しています。

スポンサーリンク
中国のニュースサイト『ETtoday新聞雲』によると先月29日、根據航天智慧技術創新中心、宇航智能控制技术国家级重点实验室という組織はロケットの垂直回復および制御技術に関する検証を実施し、一連の試験に成功したと報じています。

追赶SpaceX指日可待!中国运载火箭垂直回收试验成功_高清图集_新浪网

中国の再使用ロケット_1
こちらが今回試験されたロケットです。以下は試験時に撮影された写真。

中国の再使用ロケット_2

中国の再使用ロケット_3

中国の再使用ロケット_4

中国の再使用ロケット_5

上空に上がったロケットは一旦足を閉じ再び展開し着陸を行っています。飛行高度は画像を見る限りでは少なくとも100メートル程度には達しているものと考えられます。
中国では現在、スペースXが実施しているような第1段ロケットを回収し再打ち上げを行う計画が進められています。具体的には長征6号X長征8号が知られており、今回の試験機の形状からは長征8号に近い印象を受けます。

▼長征6号X
c39bc2db

▼長征8号
11907558

現在宇宙に到達するロケットで再使用を行っているのはスペースXのファルコン9とブルー・オリジンのニュー・シェパードのみです。一方で、今後開発されるロケットは何らかの形で第1段ロケットを再使用するという仕様が多く、日本が開発するロケット過去に再使用型の開発が進められていると報じられていたこともあります。(参考)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!