マイニング_1

仮想通貨を新たに生み出す方法としてマイニングという処理を実行する方法があるのですが、先日中国のとある学校で学校のインフラを勝手に使用しマイニングをしていた校長が解雇されたと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディアによると、中国河南省郴州にある中学校の校長が前代未聞の不祥事で解雇されたと報じています。記事によると、この校長は去年160万円ほど投資し仮想通貨を得るためマイニングを行うPCを購入していたといいます。しかし、校長は自宅でマイニングによる演算を行った場合に予想以上に電気代が大量に掛かることを知ったといいます。

[뉴스pick] "전기세 때문에?"…한 중학교 교장이 해고된 황당한 이유

そこで校長は密かにマイニングマシンを学校に搬入。インターネットなどインフラが整っているコンピュータ室で可動させマイニングを行っていたといいます。校長によるとマイニングは24時間行っていたとのこと。

マイニング_3

しかし、マイニングを行ない始めてから学校では教師や生徒らが「インターネットの接続速度が遅くなった」などと不満が出始めました。また、学校職員が電気代が急に増えたことも疑問に感じていたといい、その時校長は「エアコンを使いすぎたんじゃないのか?」など口にしていたとのこと。

マイニング_2

結果的に校長のマイニングはバレてしまい、1年ほど仮想通貨を得るため240万円近い電気量を無断で使用していたとして仮想通貨の取引で得た利益は当局にすべて没収されたされたとのことです。ちなみに、なぜ1年あまりもバレなかったのかについては教頭も味方につけていたらしく同じく学校でマイニングを行っていたとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!