image_12

最近人気YouTuberのマネをして深刻な火傷を負うなどして病院の世話になる青少年が増えていると報じています。また今年にはアメリカ人の女の子(12歳)がYoutubeで有名人になりたいとして自身の体に火を付け全身火傷を負う事故も報告されています。

スポンサーリンク
韓国メディアSBSによると、海外メディアを引用する形で最近若者の中に『ファイアチャレンジ』などという自身の体に火をつけ病院の世話になる人がいると報じています。

[뉴스pick] 유튜브 스타 꿈꾸며 몸에 스스로 불 지르는 청소년들

その中でも最大の事故は今年8月に発生していたらしくアメリカ、ミシガン州デトロイトに暮らす12歳の女の子は可燃性の液体を体に浴びその上で火を付けるというファイアチャレンジを行ないました。少女はこの様子を撮影しインターネット(Youtube)にアップロードすることで人気ものになろうと考えていました。

しかし、火は全身に周り子供の悲鳴を聞いた両親が駆けつけたことで一命を取り留めました。少女はその後集中治療室に入り全身の49%に及ぶ火傷の治療が行われています。

image_13

危険なファイアチャレンジは2012年にアメリカ人の人気YouTuberが胸毛に火を付けたことで10万回の再生数となり、同じ方法で人気者になろうと他のYouTuberも真似を始めたといいます。

ファイアチャレンジに関してイギリス人医師は「インターネットで流行っている危険な遊びが原因で深刻な火傷を負って病院に入院する患者が増えた」としており、ファイアチャレンジ以外でも様々なネット上の映像が特に若者の中で増えているということを話しています。医師は「人気物になりたいという若者の心理は理解できる。ただ一生消えることがない傷を残す可能性もあることを知ってほしい」と付け加えています。

何故若い世代の人たちがYouTuberに夢中になるのかは様々な理由があります。その一つとして公開した動画に広告を乗せることで場合によっては一攫千金を狙えるということもあります。そのため他の人がしていないようなこと、例えば今回のファイアチャレンジのように危険な真似事をするどころか、更に過激なことをして注目を集めようという人たちが存在しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!