image_15

中国メディアによると、今月宅配業者がバイクの不調を理由に配達中の荷物を置き5分あまり離れたところ荷物が全て盗まれるという出来事があったと伝えています。

事件があったのは先月31日広西チワン族自治区南寧市で午前9時55分頃、オートバイのタイヤがパンクしていることに気づき、近くにある修理店に向かったといいます。この時、運んでいた2つの小包はそのまま現場に置きとりあえず早くタイヤを直して貰おうと修理店に駆け込んだといいます。

视频|快递小哥100多个包裹放路边 5分钟遭顺手牵羊_社会图文_看看新闻

店主によるとオートバイはタイヤが完全に壊れており交換が必要とのことで「10分は時間がかかる」と言われたそうです。配達員は置き去りにした荷物が盗まれる可能性があることを心配し、急いで現場に戻ったところ置いておいた小包が全て盗まれてしまっていたと話しています。時間は5分~6分あまりだったと口にしています。

image_16

配達員はすぐに地元のに警察署に行き宅配物が盗まれたと報告しました。その後、現場付近では宅配に使っていた銀色のパッケージを盗む人の目撃情報があった他、近くのトンネルでは三輪車に荷物を載せて持ち去る中年男性が目撃されていたそうです。ただ、それ以外の情報はなく現在も犯人は捕まっていません。

現在詳細な被害額は明らかになっていないものの少なくとも30,000元(約49万円)と見積もられており、配達員の給料が月3,000元程度とされていることからほぼ1年分の収入を弁償しなければならないことになったとのことです。
配達員は最近働く始めたばかりの新人の若者でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!