F-22

米空軍に配備後、現在も世界最高性能の戦闘能力があるとして評価されているF-22。この機体で今年4月、離陸直後に滑走路に胴体着陸するという事故が発生していた件に関して、パイロットの過度な自信が事故を発生させていたことが明らかになりました。

海外の軍事系ニュースサイトによると今年4月13日ネバダ州の基地から離陸しようとしていたF-22が車輪を格納した直後に滑走路に墜落し、そのまま胴体を擦り付けながら滑った事故について事故調査委員会(AIB)会長は事故原因はパイロットにあると判断したと述べたと報じています。

The Aviationist » Premature Landing Gear Retraction Resulted In F-22 Raptor Sliding On Its Belly At NAS Fallon, Investigation Finds

このF-22Aラプター(T/N 07-4146)が起こしたものでパイロットに怪我はなく民間への被害もなかったのですが、離陸の失敗により距離にして6514フィート、1.985kmもF-22Aが機体を擦りながら滑り続け停止しました。

F-22_3

記事によるとどのような原因で事故が発生したのかについては、機体を操縦していたパイロットが同僚らにF-22の性能の高さや自分の技術の高さを見せつけようと機体を誤った環境下で離陸に移行していったことだとし、パイロットもそのような行為をしたと認めているといいます。

F-22_2

別のサイトによると当時F-22は時速142ノットで離陸を始め機体は宙に上がったといいます。この時車輪は出したままにしなければならないものの、パイロット離陸を始めてから1秒後には車輪をしまう動作にはいったといいます。しかし、飛行速度(対気速度)が142ノットというのはF-22の推奨される離陸速度よりも22ノットも遅く、結果的に機体はそのまま落下し胴体着陸するような形になったとしています。

記事によると、事故調査委員会は事故を発生させたパイロット以外にもF-22のパイロットらには組織的過信があったとしており、不適切なトレーニングや技術が行われ他のパイロットでも必要な速度に達していないにも関わらず離陸し車輪を格納するという行為が確認されていると記載されています。

ちなみに、今回の事故で発生させたF-22への被害と修理などにかかる費用は現在も公表されていないとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!