image_33

主に戦闘機から爆撃機まで一部を除き多くの機体に搭載されているのは、緊急時にパイロットを機外に脱出させる射出座席というものです。海外メディアによると、アメリカが開発した『ACES 5』という最新の射出座席がB-2というステルス爆撃機に採用されることになったと報じられています。

スポンサーリンク
航空ショーでみることができる戦闘機であれば必ず搭載されているのはこの射出座席です。一方、この射出座席は脱出時から着陸や着水するまで死亡したり負傷したりする可能性があり、危険なものとなっているのですが最新の射出座席はどのよな仕様になっているのでしょうか。

New Ejection Seat Makes Rocketing Out of a B-2 Somehow Safe | WIRED



WIREDの記事では今回大型のステルス爆撃機で知られるB-2に採用が決まったというACES 5について詳しく紹介されています。
タイトルでも紹介されているように驚くほど安全な射出座席だというACES 5は特に現代のニーズにあった射出座席になっているといいます。具体的には音速に近い飛行速度でも安全な脱出が可能になっている他、F-35などパイロットが身につけるようになった大型のヘルメット(HMD)からパイロットの首を守ることができるなど、安全性が考慮された設計になっているとのことです。

image_32

image_31
いくつか新しくなった仕様の一つとして脱出後に展開する蜘蛛の巣状のネットです。こちらの画像のように脱出後にネットが開くことで音速に近い風圧に体が晒されたとしても骨折や脱臼などから腕を保護することができるようになりました。

脱出後の負傷については従来の射出座席で43%が地面に接触した際に発生しているとしており、新型では低速で着地できるように設計されているとのこと。ACES 5については今から8年前に認証を受けていたとのことでB-2に採用されるまでは非常に長い時間を要したとしています。

最近の戦闘機といえばステルス性能や搭載能力、エンジンの推力など機体開発には難しい技術開発が求められるのですが、パイロットを安全に脱出させなければならないという座席の問題もあり、なぜそこまで高価な機体になってしまうのか、パイロットの座席一つ見ても理解できてしまいます。


ちなみに私達が利用する旅客機には空中からの脱出する装置などは搭載されていません。ただ、その旅客機の開発を進める上で必要な試験機には何らかの脱出装置が搭載されており、過去にボンバルディアが開発していた試験機に搭載されている脱出装置が撮影されていたことがあります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!