image_53

今後相次いだ韓国のラドンベッド騒動に関して韓国政府は今後、国内で販売される製品に関してマイナスイオン効果を謳うことや生活用品に放射性物質を入れることを全面的に禁止すると報じられています。

スポンサーリンク
今年韓国で社会問題となったのは身近な生活用品にモナザイトと呼ばれる鉱物を入れ消費者をマイナスイオン効果があるなどと謳い肺がんを引き起こす放射性物質ラドンで被爆させいていたという出来事です。

'라돈침대' 재발 막는다…'음이온 효과' 광고도 금지

これに関して韓国政府はモナザイトを含む天然放射性原料の輸入販売から加工製品の製造と流通までの全段階で厳しく管理し、生活用品にこれら天然放射性原料を混入させることを禁止するとしています。従来、韓国では人体への年間被ばく線量を1mSvを超えなければ天然放射性原料の使用は認められていたものの、今年に入り多くの製品から年間換算で1mSvを大幅に超える製品がいくつも見つかったことから今後は全面的に禁止されます。
加えて、マイナスイオン効果などと「健康に良い商品」などと謳い放射性物質原料含んだブレスレッドやネックレスなどの販売も禁止されます。

image_54

韓国の原子力安全技術院生活放射線安全センター長は「マイナスイオンについては科学的に健康への影響が証明されておらず、これらに類する疑似科学が無くなることを望んでいます」と話しています。

韓国政府としては今年中に法改正を行うとしており来年下半期にも施行を目指していくとのこと。またこれに違反した人は最大で3年の懲役の罰則が設けられます。今後放射性物質は登録業者同士のみが取引できるようにするとしており、どこでどのような取引を行ったのか国に報告するよう義務付けられます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!