Su-57 ヘルメット_6

ロシアが開発しているステルス戦闘機としてSu-57という機体があるのですが、パイロットらが着用するヘルメットが機体を紹介する映像のなかで公開されていたそうです。

スポンサーリンク
最近開発された戦闘機、例えばF-35ではヘッドマウントディスプレイを搭載しておりパイロットは360度死角の無い視野になっています。そのためヘルメット1つあたり3,000万円や4,000万円すると言われていますが、ロシアの最新鋭ステルス機ではどのようなヘルメットが採用されているのでしょうか。

Su-57 ヘルメット_1
Photo:新浪网
こちらがSu-57のヘルメットです。ぱっと見た感じでは一般的な戦闘機用のヘルメットサイズになっているのですが、調べてみたところヘッドマウントディスプレイが採用されているとのことなのですが詳細は不明です。

Su-57 ヘルメット_2
Photo:新浪网
ヘルメットは軽い複合材料で造られており近年大型化し重量が増したことで脱出時などパイロットの首を負傷させる問題が指摘されているのですが、その影響を大幅に軽減しているとのこと。

Su-57 ヘルメット_3
Photo:新浪网
Su-57 ヘルメット_4
Photo:新浪网
Su-57 ヘルメット_5
Photo:新浪网
比較としてこちらがF-35で採用されているヘルメットです。このようなヘッドマウントディスプレイを搭載したヘルメットを着用する戦闘機ではコックピットに置かれている板状のヘッドアップディスプレイが搭載されていないそうです。
image_59

▼F-35のコックピット。ヘッドアップディスプレイがない
F-35_1

▼F-22のコックピット。前方にあるのがヘッドアップディスプレイ
F-22_1

ロシアではどのようになっているのかは不明なのですが、Su-57には従来機と同じ様にヘッドアップディスプレイが搭載されているようです。
image_61

中国のステルス機とされているJ-20やFC-31という機体にも同じ様にヘッドアップディスプレイが搭載されています。
▼J-20のコックピット
J-20
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!