image_64

現代文明に必要不可欠なのはインターネットです。世界を結ぶインターネットは海底の光ファイバーケーブルや一部は衛星間などで行われているのですが、スペースXが計画している1万2000機あまりからなる衛星インターネット網に関してFCCより認可が下りたと報じられています。

スポンサーリンク
米スペースXによる衛星インターネット計画「スターリンク」にて、約7000機の衛星打ち上げがFCC(連邦通信委員会)により認可されました。これにより、スターリンクでは合計約1万2000機の人工衛星が打上げられることになります。

sorae
記事にも記載されている通り、今回認可されたのは以前認可を受けていた約5000機あまりの打ち上げに関してではなく追加分の約7,000機、合計で1万2000機です。個人から企業まで利用できることになるスペースXが計画する衛星インターネット『スターリンク』については、FCCの認可が下りたことで大きな障害は無くなり今後は人工衛星の展開とサービス開始を控えるだけでになっているものと考えられます。

スターリンクについはどのようなものか過去にも何度かご紹介しているのですが、従来のように静止軌道に人工衛星を展開するというものではなく、国際宇宙ステーションよりも低い軌道に7,500機あまりの人工衛星を展開。残りを高度550~1,300km付近に投入するというものです。

image_65

仮に私達一般人がスターリンクを使用すると何がどう変わるのでしょうか。
これはスペースXも主張しているのですが、光ファイバーよりも低遅延の高品質な超高速インターネット接続ができるというものです。具体的には海外のプレイヤーとネット対戦を行っている方であればわかると思うのですが、海外サーバーに接続すると日本からは遅延が発生し不利になるという問題が発生するのですが、同社によると15ミリ秒にまで改善することができると主張しています。

そして現代の光ファイバーで発生している夜間の接続速度の低下も解消できるかもしれません。どの程度効果があるのかは不明なのですが、夜間になると契約速度の1/10以下という極めて劣悪な品質にまで低下する場合もある接続速度に関してもスペースXが構築するスターリンクに利用者が分散することで結果として既存の光ファイバー網の質が向上する可能性も考えられます。

アンテナは1万円から3万円程度、利用料金も安く月額5,000円~6,000円程度、さらに帯域保証型1Gbpsの超高速接続も予定しているとしており、計画通りスターリンクが開始されれば電話回線からISDN、ADSL、光ファイバーと変わっていったように次世代インターネット接続がより安価に利用できるようになります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!