image_82

F-35の追加購入や、自衛隊では初配備となる垂直離着陸機F-35Bの導入など軍事に興味がある人は今後の航空祭が楽しみになる話題が多く報じられていますが、今回はF-35取得に関わる費用を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
これまで開発された兵器の中で最も多額の費用がかかったと言われるのはこのF-35です。F-35は地上基地で運用されるF-35A、強襲揚陸艦でも運用が行えるF-35B(参考)、そして空母から発艦・着艦できるF-35Cの3つを同時開発しています。

この最新鋭の戦闘機はいったいどのくらいの費用で生産されているのでしょうか。F-35は日本国内でも生産されており、その拠点は愛知県にあります。既に国内生産されたF-35Aは空を飛んでいるのですが、今月5日にNHKが報じた内容によると国内生産されたF-35Aよりもアメリカで生産されたF-35Aのほうが1機あたり数十億円安くなっていると報じています。
一方、政府は航空自衛隊ですでに配備が進められているF35Aについて、日本国内で機体の組み立てを行う方式が、費用高騰の原因の1つと指摘されていることを踏まえて、国内での組み立てを行わない方針を固めました。今後は、完成機をアメリカから直接購入する方式に改め、1機およそ150億円の費用を数十億円程度抑え、コスト削減につなげる考えです。

NHK
なぜ同じF-35Aが国産では1機150億円もするのか。調べてみたところ、アメリカではロット10のF-35Aが1機9,460万ドル(約106億円)としています(参考)。この少なくとも40億円あまりの差額はいったいどこに消えたのか、何にそれだけお金がかかっているのかは不明です。

▼上からF-35A、B、C型(F-35シリーズの見分け方)
F-35シリーズの見分け方

日本ではF35A 40数機を150億円程度で生産しており、最近報じられた内容によると追加で100機のF-35AおよびBをアメリカから直接輸入することになりました。F-35BはAよりも高価でアメリカで生産された価格は1億2280万ドル(日本円で約138億円)となっています。(Cは1億2180万ドル)

日本政府はF-35Bを40機程度導入すると言われており(参考)残り60機はF-35Aとなるのですが、仮に60機のF-35Aを日本で製造したとすると、輸入するよりも単純に2,400億円程度も無駄にお金がかかるという計算になります。
この2,400億円については海上自衛隊最大の護衛艦『いずも型護衛艦』(1,139億円)の2隻分に相当します。もうちょっと身近なものでは東京スカイツリー(総事業費約650億円)の約3.7塔分という莫大な金額になります。


もうちょっとお金の話しをするとF-35Aの運用コストについてです。海外メディアによるとF-35Aの機体寿命は8,000時間としており、単純に1時間あたりの飛行に換算するとアメリカでは実に50,000ドル(560万円)になるとしています。これは相当乱暴な換算になると思うのですが、同じように比較した場合F-16という戦闘機の倍以上の運用コストがかかるとも紹介されています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!