image_31

化石が大量に発掘される国の一つ中国。その中国で最近羽毛の生えた翼竜が発見されたと報じられています。翼竜は恐竜のような姿をしているものの種は異なっています。

スポンサーリンク
翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。鳥の遠い祖先の小型恐竜などはフサフサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼竜にも、原始的な羽毛を持つものがいたことになる。なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される。

朝日新聞
恐竜映画ではおなじみの翼竜。有名な種ではプテラノドンが知られいるものの翼竜に属する種は既に絶滅し存在していません。

中国科学院などの研究チームは河北省に広がる1億6000万年前のジュラ紀の地層から小型翼竜化石が発掘され、体の表面に細かく別れた繊維状のものが生えていることが明らかになり、恐竜の祖先でも生えていたと考えられている原始的な羽毛と似た特徴を示していたとしています。

image_32

image3

プテラノドンを含む翼竜は系統上は『鳥頸類』(けいちょう類)から進化しました。そしてもう一つ鳥頸類から恐竜へと進化し、唯一の生き残りの鳥類がいる『恐竜様類』に別れました。今回羽毛が確認された『翼竜類』という非恐竜の種です。これは「ワニやヘビを恐竜」と言わないように「翼竜類を恐竜」とは言わないのですが、共通の祖先である鳥頸類から進化したという特徴があります。

鳥頸類から恐竜様類と翼竜に分岐したのは少なくとも今から2億年前の三畳紀後期。今回発見された羽毛の生えた翼竜は1億6000万年前の地層から発見されました。一方恐竜に進化していく『恐竜様類』は現在最も古いもので同じく1億6000万年前の地層から羽毛の生えた化石が発見されています。したがって鳥頸類からそれぞれ進化した種が結果的に共通の羽毛を取得していたことになります。言い換えればその共有の祖先である鳥頸類の時点で何らかの羽毛を獲得していた可能性もゼロではありません。

翼竜類の羽毛(体毛)に関してはソルドスという種からも昔に確認されていたのですが、今回発見された化石からは1本の繊維が途中で枝分かれしている特徴を示していたとしており、より羽毛に近い形状をしていたことが明らかになっています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!