image_49

バスや電車、それ以外にもどこに置き忘れたのかわからない物は一つくらいは思うのですが、ウクライナで今月、タクシーを利用した客が対戦車ロケットを置き忘れるという、よくわからない出来事があったと報じられています。

中国メディアによると今月18日、タクシーの後部座席に座った男性が置き忘れた不審な手荷物を発見し警察に通報したところ袋の中から『RPG-22』という対戦車ロケットが見つかったと伝えています。

乌克兰男子把行李落出租车上 司机一看:RPG火箭筒!_军事_环球网

出来事があったのはニコポルという地域で、RPG-22と収められていた袋は警察に没収されました。その後、地元に住む50代の男が所持していたことがわかったといいます。この男については過去に犯罪歴があるとのことで告訴することを検討しているとのこと。
地元警察によると何故男性が対戦車兵器を所持していたのか捜査が進められているとしています。ウクライナ法律ではこの手の武器の不法所持は懲役3年から7年になっているそうです。

image_50

RPG-22は1979年に旧ソ連が開発した成形炸薬弾を放つことができる歩兵用の対戦車ロケット。発射機を含め使い捨て型の兵器で均質圧延鋼装甲という鋼鉄装甲に対して400mmの貫通力があり、鉄筋コンクリートでは1.2m、レンガの壁では1.2mほどの貫通力があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!