image_56

今月20日午後3時頃、能登半島沖の日本海で韓国海軍の艦艇から火器管制レーダーを照射される敵対行為が行われた事案に関して、韓国側がこれまで「追跡目的で(レーダーを)運用していない」と説明していたにもかかわらず「レーダーで追跡した」と説明していることが明らかになりました。

スポンサーリンク
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の艦艇が20日、東海上で日本の海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したされる問題で、艦艇は遭難した北朝鮮の漁船を捜索するため、接近していた哨戒機に向けて映像撮影用の光学カメラを使用していたことが23日、わかった。光学カメラを使う際、追跡レーダー(STIR)が共に作動されるが、哨戒機にビームは照射しなかったという。

聯合ニュース
これは韓国メディアの連合ニュース日本語版が報じているもので、記事によると火器管制レーダーの照射を受けた海上自衛隊のP-1対潜哨戒機が事態を把握するため韓国の駆逐艦に接近した際に再度、火器管制レーダーの照射を受けたと日本側が説明していることについて、『複数の韓国軍消息筋』は接近してくる軍事的には友好国である日本の哨戒機に対し駆逐艦に搭載している映像撮影用の光学カメラを使用する際に追跡レーダーを使用をしていたと認めたと報じています。

韓国国防部はこれまで「韓国軍は正常な作戦活動中にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」などと異なる説明していました。

何故これまでの説明と変化が生じたのか。まず今回の事案に関しては韓国側は日本側の発表に後に毎回つじつまを合わせるような釈明を繰り返しており、当初の発表では「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索であり海上自衛隊の哨戒機を狙ったわけではない」「たまたま当たっただけだ」「一瞬だけレーダーに入った」などと説明していました。
しかし日本側が複数回に渡り火器管制レーダーの照射を受けていたことを明らかにすると韓国側もそれに合わせるように説明を変化させ、当初説明されていなかった『映像撮影用の光学カメラ』を持ち出しさらに「追跡レーダー」を照射させていたなど説明しました。合わせて韓国軍は「艦艇の上空を飛行するなど、むしろ威嚇的だった」などと主張しており、言い換えれば「悪いのはお前の方だ」と論点をすり替える発言までし始めています。


仮に自衛隊の飛行を威嚇と感じたのであれば当該機に無線を通じて直接抗議するなりすればよかったものの一切行っていないことが明らかになっています。また逆に自衛隊側から韓国の駆逐艦に対しレーダー照射の意図を聞こうと応答を求められたものの「通信感度が極めて低く聞き取れなかった」などと主張しており、聞き直すなどは対応は一切行わず無視し続けていました。(参考)

今回韓国側が救助したと主張している北朝鮮人については「漂流していたのは4~5人で、そのうち1~2人は死亡した」としています。なぜ人数すらもまともに数えることができないのか疑問が残るのですが、この謎の北朝鮮人については事案が発生した翌日の21日、つまり救助したという翌日の時点で北朝鮮側に引き渡したと説明されています。送り返されたと主張しているのは生存者は3人で死者は1人です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!