image_59

公共交通機関として飛行機は私達が一般に使用できる最速の乗り物ですが、海外では航空機の運用コストを下げるための様々な努力がされています。今回紹介するのは飛行船と飛行機をそのままくっつけたようなハイブリッド航空機です。どのような利点があるのでしょうか。

スポンサーリンク
この航空機を開発しているのはシアトルに本社を置くPLIMPというベンチャー企業。機体は『イーガン飛行船』というもの将来運用したいと考えています。

Plimp | Revolutionizing Flight

この機体は上部に飛行船、下部に飛行船のように翼や動力を搭載しています。そのため飛行船よりも移動速度が速いものの飛行機よりは遅く、一方で使用する燃料が少なくて住むため比較としてはヘリコプターよりも運用コストが安くなるという特徴があります。また一般的な航空機では不可能な垂直離着陸も行うことができるため建設場所が制限される滑走路は必要としません。


将来的には8人乗りの有人機もしくは900kgの輸送可能な航空機を開発したいとしており飛行性能としては飛行速度は最大で約150km/h、航続距離は約2,100kmとしています。

運用方法としては大きく『広告』『農業』『インフラ』『軍事』の4つを考えており、例えば人が乗り込み調査を行ったり機材を搭載し探査を行うことも可能であるため、どちらかというとヘリコプターを拡張したような運用方法を考えているものと考えられます。日本では離島も多いためヘリコプターよりも維持の安い乗り物として緊急の人員輸送用としても運用が可能と考えられます。

この手のハイブリッド航空機は更に大型で数トンの荷物を搭載可能なものが開発されています。有名なところではイギリスのエアランダー10というものがあり、現在観光用として運用を目指しており乗客19人を載せ3日間の飛行を行う計画です。

空飛ぶ高級ホテル!? 世界最大級の航空機Airlander 10、豪華キャビン内の写真を公開 | Techable(テッカブル)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!