image_84

今月20日、海上自衛隊のP-1哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダーが複数回照射された事案に関して、防衛省は当時撮影した映像を公開しました。この映像からはいずれも韓国側が発していた情報に偽りがあったことが確認できます。


こちらの映像は防衛省によると、2018年12月20日能登半島沖(具体的な位置は非公開)でP-1哨戒機から撮影されたものです。映像では韓国海軍の『クァンゲト・デワン級駆逐艦』と、日本で言うところの海上保安庁にあたる、韓国警備救難艦が映し出されており、北朝鮮と思われる船舶と韓国のゴムボートなどが映しだされています。

今回、発表された動画で明らかになったこととして、まず天気に関する嘘の内容です。これはハンギョレ新聞が過去に報じていた内容にとして、救助活動を行っていたのは竹島の北東100km地点で北朝鮮船籍が漂流しているという情報を元に韓国海軍と海洋警察の双方が10時間近く捜索を行ない発見したと報じていました。
その当時、捜索にあたって駆逐艦に搭載されている火器管制レーダーを含む全てのレーダーを照射した結果、P-1哨戒機に直接狙ったわけではないものの偶然あたってしまったとしています。また何故このような無関係なレーダーを動作させていたのかについては、韓国軍関係者の話として(一分情報によるとキム・ジンヒョン予備役海軍少将)、「当時海域の天候が悪かったためだ」と説明しています。
しかし公開された動画では極めて視界が良好であり、雨すらも降っていない天候であったことが明らかになりました。この悪天候によりという内容は韓国政府の発表ではなく軍関係者の話しということに注意が必要です。
“한국군함, 자위대 초계기에 ‘사격통제 레이더’ 쐈다” 일본 거센 항의 : 일본 : 국제 : 뉴스 : 한겨레모바일

そして韓国側がP-1哨戒機が低空で威嚇してきたという嘘です。韓国国防省が今月24日の記者会見で発表していたもので「哨戒機が駆逐艦の真上を通過する『特異な行動』を取ったため、レーダーに付随した光学カメラを回して監視した」と産経新聞が報じています。しかし映像の中では少なくとも韓国海軍の駆逐艦の真上を飛行するという様子は一切確認できません
レーダー照射 韓国「一切の電波放射なし」に防衛省幹部「証拠ある」 - 産経ニュース

また「火器管制レーダーを含むすべてのレーダーを稼働したのは遭難した北朝鮮の船を見つける際であり、(艦艇)近くの上空を飛行していた日本の海上哨戒機に(レーダー)照射された」と韓国軍の消息筋の情報を韓国メディア『聯合ニュース』が報じていたものの、映像では既に遭難した北朝鮮船を発見し救助が行われていた時に照射されていたものであり、この情報を全くの嘘であることが明らかになりました。

したがって、韓国側が発せられたこれまでの多くの情報が偽りの内容で、なぜそのようなことになったのか、韓国政府は少なくとも客観的な資料を元にこれまでの発言を証明する義務が生じてきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加