image_148

様々な製品にかけられている保証。通常使用における自然故障は保証期間内であれば原則『無償』で修理や交換をしてくれます。この保証期間について韓国ではスマホやPCのマザボードは1年から2年に延長されることになったと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディア聯合ニュースによると、韓国の公正取引委員会が紛争解決のために制定・施行する告示『消費者紛争解決基準』が改正案が出され、国内メーカーのスマートフォンについては製品の保証期間(所謂メーカー保証)は今後1年間から2年間に延長するとしています。

상반기내 스마트폰 보증 1년→2년 연장…배터리는 1년 유지(종합)

案によると、いくつか改正されるものがありその中で最も消費者に影響が大きいと思われるスマートフォンについては改正後に販売された全てのスマートフォンに限り本体のメーカー保証は2年とするとしています。ただし、消耗するバッテリーについては1年間とするとしています。
ただ、この改正案が適用されるのは原則国内メーカーが販売している製品に限られるとしており、例えばiPhoneなどは強制力はないとのこと。

▼マザーボード メモリやCPUなどを接続する基盤のこと
マザーボード

そしてPCです。韓国で販売されているデスクトップパソコン内にある大きな基盤『マザーボード』については既に2年のメーカー保証となっているのですが、ノートPCについてもマザーボードに限り2年のメーカー保証となるそうです。これはノートもデスクトップも製品の特性や使用環境はさほど変わらないため同じレベルでの保証が必要だと判断されました。

また大型のタブレット端末についてもメーカー保証は1年、部品の保有期間(つまり有償修理可能な期間)は4年とされました。

スマートフォンは登場以降、画面の大型化や付加価値により販売価格が10万円を超えるものもあるなど高価なものになりつつあります。そのため落下による故障の心配から月々有料での保証をつけるなどの対応を行っている人も一定数います。もちろん日本では自然故障によるメーカー保証は1年で、例えばサムスンなどから販売される端末に関しても韓国では2年のメーカー保証がつくものの日本国内で販売される端末については1年になると考えられます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!