F-35A_1

米軍に導入される最新の機体としてF-35シリーズがありますが、先日空軍型となるF-35Aを使用した展示飛行の訓練様子が撮影されました。低空で各種飛行を行っているなど技術の高さが見受けられます。

スポンサーリンク
これはアメリカ現地時間1月10日、アリゾナ州フェニックス近くのルーク空軍基地で行われた訓練の様子で、記事によると、F-35Aのパイロット アンドリュー・オルソン大尉により実施されたものだとしています。その様子がインスタグラム上にアップロードされ話題を集めています。


アップロードされた動画は4つあり、ループ飛行からのフラットスパイラル、次がAngle Of Attack、低速度での軌道飛行から、直線動作を含む特殊なループ飛行が実施されています。

海外の軍事系メディアによると、早ければ今年3月30日から31日で実施予定のフロリダ州メルボルンで開催される航空ショーでこの飛行が披露されるのではないかとしています。


F-35A

F-35Aはアメリカを含め日本を含めイギリスやイタリア、デンマーク、ベルギーなど多くの西側諸国が導入を行っている機体で、従来のジェットエンジンの約2基分に相当する強力なエンジンを1基登載している機体です。

従来機ではコックピット前方に反射板のようなヘッドアップディスプレイが登載されていたもののF-35Aでは撤廃されており、代わりにヘルメットに登載された大型のヘッドマウントディスプレイから情報を得るなど第5世代戦闘機として最新の機体に仕上がっています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!