image_25

先日、ラオスが運用していた第二次世界大戦時に開発された状態の良いT-34戦車をロシアに引き渡したと報じられていましたが、代わりにロシアのT-72に置き換えられたと報じられています。

スポンサーリンク
中国メディア『环球网』によると、今月20日ラオスは人民軍の70周年のイベントとして首都ビエンチャンで軍事パレードが実施されたと報じています。実はこの時に新しいT-72戦車が登場していたのですが、先日ラオスからロシアに移されたT-34戦車と置き換えられたものだとしています。

老挝用“古董”T-34换来T-72坦克 阅兵式上展示_军事_环球网

image_28

image_26

記事によるとラオスから運ばれたT-34-85は合計で30輌だったとしており、「軍事技術協力の枠組みとしてラオスはロシアに手放した」と発表されていました。一方で、今回ラオスはロシアの『T-72B1MS』3機のロシア製訓練機『Jacques-130』と置き換えたとしており、T-72B1MSについては2018年12月中旬にはラオスに輸出されていたとのこと。

ラオス政府、旧ソ連製戦車『T-34』をロシアに返還 : ZAPZAP!

▼Jacques-130
image_27

T-72B1MSについてはB1はレーザー誘導型対戦車ミサイル発射機能を排除したモデルで、MSについては詳しくはわからないのですが爆発反応装甲を登載した輸出モデルということになりそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!