image_173

ファーウェイなど中国の電子製品に関して「安全保障への脅威」などとしアメリカは国内以外もNATO諸国から排除を求める動きが伝えられているのですが、国内外メディアによるとファーウェイ製品を輸入し導入していく国について、さらに強力な締め付けを行っていく可能性があると報じられています。

スポンサーリンク
アメリカの大手総合情報サービス会社ブルームバーグによると、先日ポンペオ米国務長官がハンガリーで記者会見に応じ、国内外からファーウェイ製品などを排除しようとしている動きに関して、更に強力な締め付けを行っていくという趣旨の発言を行ったとしています。

Pompeo Hints at Huawei Ultimatum to Countries Buying Equipment - Bloomberg

記事によるとファーウェイ製品に関してアメリカの重要なシステムと同じ場所に設置されている場合に安全上のリスクが生じる可能性があるとし、そのような国と連携することは難しくなるという趣旨の発言をしたとしています。

ハンガリーはファーウェイなど中国における電気通信会社におけるヨーロッパの主要拠点としており、現在トランプ政権はハンガリーを始めEU各国と連携を強化しようとしているのですが、ファーウェイ製品がそれら国々のセキュリティーに問題を与える可能性があると警戒しているとのことです。

具体的に『アメリカの重要なシステムとは何か』は具体的に発表されていないのですが、例えば当然軍事面1つをとっても使用は拒否されることは確実で、その他にも国内で通信を含むインフラにファーウェイ製品があった場合についてもアメリカとのやり取りでリクスが生じることが予想されるため、アメリカと今後も関係を維持したいのであれば排除しなければならないということになります。

▼アメリカに本社を置くAMDのCPU
image_181

また他の記事ではファーウェイ製品を導入しているような国に対しては今後アメリカ製の製品を導入させないという趣旨の意味だと紹介されているところがあり、仮にそのような表現だったとすればパソコンやスマホ、様々なシステムに導入されているCPUといった重要なハードウェアすらも今後輸出することはできないという極めて強力な制裁が加えられるということになります。

何れにしても「良好な関係を築いていきたければ国内からファーウェイ製品を排除してください」という意味であるたため、今後電子機器分野については中国と取引を続けるのか、それともアメリカとの関係を維持したいのか選択が迫られるということになりそうです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!