クルードラゴン_1

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、スペースXが開発した有人宇宙船『クルードラゴン』の初打ち上げを3月2日に実施すると発表しました。クルードラゴンは打ち上げ後国際宇宙ステーションにドッキングし地球に帰還します。今回の打ち上げは民間企業としては史上始めて地球軌道を周回する宇宙船となる予定です。

宇宙ニュースサイト『Space.com』によると、NASAが発表した最新のスケジュールとして、アメリカの民間企業スペースXが開発したクルードラゴンに関して米東部時間の3月2日午前2時48分(日本時間同日午後4時48分)にケネディ宇宙センターから発射すると発表しました。

SpaceX Will Launch Its 1st Crew Dragon for NASA Soon! How to Watch It All Live. | Space

アメリカは2011年にスペースシャトルが引退したことを受け現在まで有人打ち上げはすべてロシアに頼みになっており、同じく開発を続けているボーイングの有人宇宙船スターライナーやロッキード・マーティンのオリオン宇宙船と共に早期の有人打ち上げ能力の獲得を目指していました。

▼先月末に実施されたクルードラゴンを搭載したファルコン9のエンジン燃焼試験

今回の打ち上げは初号機ということもありすべて無人で行われます。スケジュールとしてはすべてアメリカ時間になるのですが、今月22日にNASAとスペースXによる飛行準備状況について会議が行われる予定です。28日には打ち上げ前の記者会見が開かれミッションの最終的な詳細がスペースXの代表者により説明されます。

来月2日に無人の有人宇宙船クルードラゴンを上げを実施。宇宙ステーションに飛行を続け翌日3日には国際宇宙ステーションのドッキングポートに接続されます。クルードラゴンはドッキングしてから約5時間後にハッチが開かれ内部に収められた400ポンド(181kg)の補給物資を回収します。クルードラゴンはその状態で5日間接続され3月8日に地球に帰還する予定です。

クルードラゴンによる有人飛行は?

現在のところクルードラゴンによる有人打ち上げについては来月2日の評価次第ということになるのですが問題なく開発が進められた場合は最短でも2019年7月となる予定です。クルードラゴンの初打ち上げに関しては昨年11月末の時点で今年1月7日に予定していたもので既に2ヶ月の遅延が発生しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!