image_58

大量の戦闘機が滑走路上に並べられるエレファント・ウォーク。これは軍事写真のひとつとして有名なのですが、先日13機のF-22がバーニジア州に集結しF-22によるエレファント・ウォークが実施されたと報じられています。

スポンサーリンク
The Aviationistによると先月28日、アメリカ バージニア州ラングレー空軍基地で所属する第1戦闘航空団と第192戦闘航空団の13機によるF-22 ラプターのエレファント・ウォークが実施されたと報じています。今回の出来事は総合演習の際に行われた訓練のひとつとしています。

image_59

記事によるとF-22のようなプレミアム戦闘機によるエレファント・ウォークは珍しく、今回空軍により撮影された写真は価値があるものだと説明しています。また、F-22によるエレファント・ウォークというのは過去に例が無いとしており、非常に珍しい演習にもなったと説明しています。


エレファント・ウォークは短時間に戦闘機を大量離陸させるという演習で実施されている以外も例えば韓国では複数の戦闘機や攻撃機によるエレファント・ウォークを頻繁に実施しており、北朝鮮への軍事的な圧力を強めるという意味でも行われているとのことです。

過去に行われた最大規模のものは2012年、F-15Eによるもので実に70機あまりが参加しました。またステルス機としては最大となったのは昨年2018年11月に実施された35機のF-35Aによるものだと説明しています。

史上初、35機のステルス機による編隊飛行実施 : ZAPZAP!
image_18

既存の航空機はF-35Aといった機体に置き換わることが予想されており、今後更に大規模なF-35AやF-22の混在によるエレファント・ウォークが実施される可能性があります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!