image_62

アメリカやロシアからの攻撃の対象となったことで勢力が抑えられつつあるテロリスト集団『ISIS』。現在シリアに展開しているISISはロシア軍との戦闘が行われているのですが、その時に回収されたISISの兵器が国内で展示するためモスクワまで輸送されました。

現在ISISの実行支配地域は減少しつつあり例えばイラクであれば2017年時点で国内からほぼ一掃された状態になっています。現在、その実効支配地域はシリア北部のトルコと国境を接する一部地域に限られており、壊滅されるのも時間の問題となっています。

そんなテロリスト集団との戦闘でISISが使用していた兵器に関して、ロシアでは国内に持ち帰り一般展示するということが実は行われており、最新の戦果が先日モスクワに到着したと報じられています。どのような意図でこのようなことを行っているのかは不明なのですが、海外で行っているISISとの戦い理解してもらうという理由もあるのでなはいかと考えられます。

Trophy ISIS Armored Vehicles Now Traveling Thru Russia [7 photos] | English Russia

ISIS_1
Photo:English Russia
SUVに無誘導ロケット砲を搭載した兵器。事実上の自走ロケット砲。

ISIS_2
Photo:English Russia
傾斜装甲を取り入れたISISの装甲車。

ISIS_3
Photo:English Russia
外国製の装甲車を鹵獲したもの。

ISIS_4
Photo:English Russia
多連装ロケット砲。SUVなどに接続して展開していると考えられます。

ISIS_5
Photo:English Russia
アメリカの兵員輸送車両ハンヴィー。イラクなどで使われていたものと考えられます。

ISIS_6
Photo:English Russia
何らかの榴弾が命中した痕、上部には弾痕も確認できます。

ISIS_7
Photo:English Russia
地雷処理車両でしょうか

ISIS_8
Photo:English Russia
こちらもアメリカが開発したハンヴィー。鹵獲されたものです。

ISIS_9
Photo:English Russia
T-54戦車。シリア軍のものを鹵獲したものと考えられます。前方には追加装甲が施され、砲塔周りには成形炸薬弾対策なのか爆発反応装甲のようなものも確認できます。

ISIS_10
Photo:English Russia
そして国連の装甲車も鹵獲されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!