image_105

アメリカで開発が進んでいるのは民間による宇宙旅行計画です。早ければ今年中旬から末にも民間人を乗せた宇宙飛行が実施される見込みなのですが、一方ロシアでは2020年代の宇宙旅行実現に向けて早くも訓練が実施されていると報じられています。

スポンサーリンク
中国メディア環球網によると、ロシアのメディアが報じた内容としてCosmic Headingという企業では現在、ロシア人宇宙飛行士を使用した無重力訓練が実施されていると伝えています。この無重力訓練とはどのようなものなのでしょうか。

俄媒:俄宇航员将在旅游飞船内进行失重训练_军事_环球网

記事によるとIL-76というジェット輸送機を使用し上昇や降下を繰り返す方法で機内に人工的な無重力を作り出すことで実際の宇宙旅行を疑似体験するというもので、無重力での活動を行う一連の訓練ができるといいます。この人工的な無重力は1回の降下あたり30秒間持続するとのこと。

▼IL-76
image_104

Cosmic Headingは日本のJAXAにあたるロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)により正式な許可を受けた企業で、現在の計画としては2025年にも初の民間宇宙旅行を目指すとしています。到達高度はアメリカのブルー・オリジンの高度100kmよりも更に高い200km(国際宇宙ステーションのおよそ半分の高度)を予定しており、飛行時間は発射から着陸まで15分。この間、5分間ほど無重力体験ができるとしています。

宇宙船は7人乗りで一人あたりの旅費は20万ドル~25万ドル(2,200万円~2,780万円)を予定しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!