image_116

数年前インターネットを騒がせたのは美しすぎる検事、タリヤ・ポクロンスカヤさんです。実は日本では彼女のイラストが多数描かれ、本人もそれに反応したことで一躍有名人になってしまったのですが、なんと先日、自身のイラストを掲載した化粧品が販売されたと報じられています。

ロシアメディア『ビヨンド』によるとロシアのニュースサイトが報じた内容として「クリムスカヤ・ローザ」(日本語訳:クリミアのバラ)という化粧品メーカーがこの度、ウクライナのクリミア半島併合から5周年を記念し、当時クリミアの元検事総長として有名になったナタリア・ポクロンスカヤさんをイメージするバラ水を発売したと報じています。

クリミアの元検事総長ポクロンスカヤ、アニメ風イメージでコスメの顔に - ロシア・ビヨンド

image_117

記事によると、このバラ水を販売しているクリムスカヤ・ローザによるとポクロンスカヤさん本人の許可を得て製造・販売しているものだとしており、同社の社長によると製品の販売についてポクロンスカヤさんがこの企画にOKを出したと明らかにしています。

なぜ本人の写真ではなくイラストなのか。ビヨンドでは「ファンアートがどうやら気に入っているようだ」と掲載されているように、本人がそのように思っているのは間違いないと考えられます。

▼当時話題になった代表的なイラストとナタリア・ポクロンスカヤさん
image_118

当時、このイラストが本人の目にとまった時どのようは反応を示していたのか振り返ってみると、本人はイラストが注目されていることについては「仕事の成果で評価されたい」と反応しており、イラストには特に興味を示していませんでした。ただ、自身の娘がこのイラストを大変気に入っていたと言われており、娘が「『お母さんはアニメのヒロインだったんだ』などと口にしていた」と本人が語っています。

結果的にこの日本で描かれたイラストが原因でロシア国営メディアやアメリカ、イギリスなどの有名紙が大々的に報道したことで取材が殺到したというになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!