image_72

ツイッターやフェイスブックなど誰もが手軽に情報を発信できる時代になりましたが、一方でその情報というのは非常にあやふやで嘘か本当か元情報が無いものが存在します。これに関して韓国ではあくまで最も深刻な場合として情報発信者に対して懲役3年9ヶ月を言い渡す量刑基準が議決されたと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディアニューシスによると、今月26日法曹界はSNSを含むインターネット上で虚偽の事実を流し名誉を毀損した場合、最大で3年9ヶ月の懲役刑に処する基準案が確定されたと報じています。これは最高裁量刑委員会が93回の全体会議で議決したもので、今年7月1日から施行される予定とのことです。

"SNS 허위유포땐 최대 징역 3년9개월"…양형기준 확정 :: 공감언론 뉴시스통신사 ::

ただ、あくまで量刑を決定する際に用いられるある種の基準だとしています。一般的な名誉毀損の場合懲役は4ヶ月~1年になっており、場合によっては8ヶ月から1年6ヶ月までとなっています。また出版物など使用した名誉毀損では6ヶ月から1年4ヶ月を基準に8ヶ月から2年6ヶ月まで。また侮辱罪では、一般的に懲役2ヶ月~8ヶ月となっており、合わせて他に罪があった場合は懲役4ヶ月~1年まで増えるとのこと。

その上で、インターネットを使用した名誉毀損はこれらよりも重たくなるということになりそうなのですが、あくまで「拘束力はない」としていながらも量刑基準から外れた判決を言い渡す場合は判決文にその理由を別途記載しなければならないという内容も記載されています。


インターネットは不特定多数の人の目に入り、簡単に拡散することができるため場合によっては解釈が変化し憶測でいつの間にか個人の名誉毀損傷つけてしまう場合があります。特に相手が有名人や政治家など大物であればあるほどその影響の広まりが大きく受ける影響も大きいということになります。

インターネットの世界は見ず知らずの人に対してSNSやYouTubeなどのコメント機能を通じて侮辱したり名誉毀損する人がいます。このような場合、被害を受けた側からすると実は当局に申し出れば相手の特定し訴えることも可能です。
そこまで至らなくても個人が相手の相手が使用しているプロバイダーを見つけ出すことは比較的容易であり、相手が使用しているプロバイダーに被害を問い合わせをするだけでインターネット回線を利用停止に追い込むこともできます。インターネット上では他人に対して名誉毀損のような言動を繰り返す人がいますが、悪意のある個人攻撃などは十分に注意したよいと考えらます。
*抄訳したものを掲載しています
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!