CST-100_1

航空宇宙大手ボーイングが開発してる有人宇宙船CST-100『スターライナー』初号機に関して、今月打ち上げ予定だったものを8月に延期すると発表しました。

スポンサーリンク
Space Newsによると、NASAの発表として今年4月に初打ち上げを予定してたボーイングの有人宇宙船CST-100『スターライナー』に関して打ち上げを4ヶ月後の8月に延期となったと報じています。詳細な打ち上げ日時は今後発表されるとのことです。

8月の打ち上げは無人で打ち上げられ2回目の打ち上げが有人打ち上げとなるものの、今回の初打ち上げ延期に伴いNASAは国際宇宙ステーションへの人員輸送に問題がでてくることからソユーズ宇宙船の座席を2席分を購入することになると記載されています。ちなみに2席分の価格にして約180億円前後です。

記事によると2回目の有人打ち上げでは飛行内容が一部変更されており、国際宇宙ステーションに数ヶ月間ドッキングした状態になるとしており、試験的な打ち上げではなく半ば本格的な運用と同じミッションになるとしています。
スターライナーの設計上として単独では60日間、国際宇宙ステーションにドッキングした状態では最大7ヶ月間宇宙に滞在することができます。


具体的な今後の予定はこのようになります。

『BOC-OFT』という初号機による無人打ち上げは2019年8月以降、『BOE-CFT』という2号機の打ち上げは有人打ち上げになるとしており、これが2019年11月になるとされています。そしてこの打ち上げがの内容が変更され数ヶ月間の長期滞在ミッションになると新たに発表されました。

アメリカの有人宇宙船開発としては軌道を周回するものとしてこのCST-100『スターライナー』、NASAが運用を目指す『オリオン』、先月無人打ち上げをを実施したスペースX『クルードラゴン』の3つがあり、現在のところ最初に有人飛行を行うのはクルードラゴンになると考えられます。

ちなみに、当初スターライナーは「2015年にも打ち上げができる」などとボーイング側は強気の発言をしていたものの延期と失敗を重ね現在に至ります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!