image_180

航空自衛隊が運用していたF-35Aが太平洋に墜落した事故を受け先日、アメリカ側が深海捜索船派遣することが明らかになりました。F-35Aが墜落した海底までの深さが1000~1500mとされています。

国内外の複数メディアによると今月19日日本の岩屋毅防衛相はアメリカ国防総省でシャナハン米国防長官代行と会談を行い、未だに発見されていない墜落したF-35Aに対して、現場海域となる青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣すると記者団に語ったと報じています。

この墜落事故については、墜落事故後アメリカからはB-52H戦略爆撃機が現場海域に出向き捜索作業を行っていた他、韓国の烏山基地からU-2という特殊な任務を行う高高度偵察機を投入していました。当該機については墜落した翌日4月10日に現場海域の周辺から尾翼の一部が発見されており、墜落したおおよその地点は分かっているものと考えられます。


また、一部メディアが中国やロシアが墜落した機体を回収するのではないかなどと報じていたことに関しては岩屋毅防衛相は「その可能性はない」と発言しており、機密情報が東側に漏れる可能性は無いとしています。

F-35A墜落 人工衛星_1

墜落した機体は日本に導入されたF-35Aとしては5機目のもので、日本で製造された初号機でした。今のところ機体トラブルによる墜落なのか、人為的な墜落なのかなど墜落原因は明らかになっていません。

▼人工衛星により撮影された墜落現場で活動する船舶
F-35A墜落 人工衛星_2

F-35A墜落 人工衛星_3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!